北京の食卓


by wangai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2004年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

母会社の食堂

中国の大部分の会社に食堂があります。家と違う味だし、レストランの油濃いこともなく、小さいごろから母と父の会社の食堂で食べることが好きでした。あと、子供心で会社に行くと、親の同僚達にちやほやされることも嬉しかったです。(みんなにとってきっと迷惑だったね)
私は母の食堂は大好きです。今回の帰国で朝と昼あわせて母の食堂で5,6回も食べました。
食堂は朝とお昼開いてます、朝ご飯はお粥、豆乳、揚げパン(甘口、塩味)、小籠包など飲茶みたいなものです。そうそう、餡かけ豆腐もあって、最高に美味しいです。
お昼は食べ放題で、肉料理の一品だけはひとり一人前で、あとはなんでも好きなだけ食べれます。ご飯類だけでも5種類以上あって、おかずは5,6種類で、豆腐や野菜などバランスがよく作られてます。それ以外に毎日デザートの果物も用意されていて、贅沢です。食事のためだけでも、この会社に勤めたいぐらいです。(笑)

昨日のお昼前母から電話が掛かってきて、私の状況を伺うためです。私は掲示板に書いたどおりまだまだ生まれそうもないけど、遠く遊んだりすることもできなくて、家で退屈してます。母の電話を受けてとても嬉しくて、時計をみたらちょうどお昼前です、母に『もうすぐお昼ご飯ですね、いいなあ』って言ったら、『来る?』って私が待っていた言葉がとうとう出ました。
私は飛んで母の会社に行きました。こんな幼稚な行動を取ることは母から見ていくつになっても子供だと思われたでしょうね。
[PR]
by wangai | 2004-09-07 09:55

土日の生活

最近中国で5+2生活が流行っています。それはどういう意味でしょうか?
それは近年郊外で別荘地を買う小康家族が増えていて、上班族は平日中心部で仕事と生活して、週末になると実家用車で郊外の別荘にきて休日を満喫することです。都市部を離れて空気新鮮の郊外で静かに過ごすことができたら、一週間の疲れがすっかり取れて、このような生活は昔からみんなの憧れでしょうか。もちろんこのような生活をしようと思えば経済力がないとできないですね。

話題が変わりますが、私の先週の土日について書きたいです。
もうお産が近づいてきたからかもしれない、今週の土日は全然動きたくなく、一日中パジャマでずっと寝転びたいです。でも、動けば動くほど子供が楽に生まれるといつも聞くから、土曜日の午前家族で東四の繁華街で買い物に出かけました。娘ともうすぐ生まれてくる息子のために母は布団を手作りしてます、その布を一緒に選びました。母と出来上がった可愛い布団を想像しながら布を選んだりして、これは本当に楽しいことでした。
本当は今あまり車でうろうろしないほうがいいけど、私の願望で昔住んでいたところでうろうろしました。家は天安門の近所にある和平門というところで私の中学校一年生までに住んでいました。昔からよく買い物した西単とかを見てまったく分からなくなるぐらい変化して、昔の様子とはまったく違います。こんなきれいになっての嬉しい反面、寂しさがいっぱいです。
その後、ずっと心配してくれたお婆ちゃんの家に寄って、一緒に昼ご飯を食べました。
家に帰ったら、もうずっと動かないで、ただ寝て食べてを繰り返しの贅沢な生活でした。

日曜日も同じく動きたくない、外に出かけるきっかけを作らないと絶対動きたくないから、午後父はスーパーに買い物に行くと言ったら、頑張って一緒に出かけました。外に出るとまた楽しくて、これもあれも見たくて、買いたくなります。
夜は久しぶりに羊肉の北京風しゃぶしゃぶを食べて、美味しかったです。材料はもちろん午後父と一緒に買い物したものでした。

来週の土日はこんなに優雅にのんびりして過ごすことができるのかは分からないです。(笑)
[PR]
by wangai | 2004-09-06 10:39

今朝

まだ生まれてこないかなあと思いつつ、まだまだ出てこない今このごろです。 

今日の北京は曇っていて、いつでも雨が降りそうのような天気です。
娘はいつもより30分も早く7時に起きて、しかも機嫌がよくて、髪の毛は大部長くなったので、今日は前髪のところを三つ編みしてあげました。7時半に出発して、ちょうど幼稚園国旗あげ前の時間になりました。いつも8時に着くようにしたので、今日は30分も早かったから、いつも見れない風景を見れて嬉しかったです。(基本的は7時から8時の間いつ送っても問題ないです)
幼稚園の子達はしっかり立っていて、4名の小国旗手国旗を持っていってから、ひとりの先生は国歌の伴奏で国旗を除除に上げていきます。あんな小さいな子供たちは真剣な顔をして国旗を揚げるのをずっと見ている様子を見て、私は鳥肌が立つぐらい感動しました、このように生で国旗を揚げている事を見るのは何年ぶりなのかな?高校以来かもしれないです。
ちょっと面白いことがあった、それは国歌が鳴ると小さい組の子供は何人か音楽に合わせて手を叩いて始めた、すぐに先生に止められたけど、子供たちは可愛いなあと思いました。
娘はこのような風景を見るのは初めてだと思うが、全然違和感がなく、周りの子の様子をチェックしてから、真似して行動しています。このようにどんな環境でもすぐ慣れる子に育てたいから心から嬉しいです。
[PR]
by wangai | 2004-09-06 09:46

北京の幼稚園

今日は娘北京での3日目の幼稚園です。私は二番目の子を産むまでに毎日送り迎えをするつもりです。夜中から雨が降ってきて、私たちは出かけたときもまだ降っているので、傘をさして行きました。
幼稚園は家のすぐ隣で、家の中から幼稚園の中のことを全部見えます。この幼稚園の評判はとてもよくて、すごく入りにくいです、今回も母は知り合いを頼んだり、いろいろ工夫をしてやっと入れたんです。
娘をぜひ北京の幼稚園に入れたいという理由はまず、お産のあと忙しいから、娘は幼稚園に行くと昼間は楽です。それから、娘はここで本番の北京語を覚えることができるし、同じ年の子と遊べます。それより大切な理由は、娘の今の年齢だと物事を全部記憶に残れる時期になってきたと思うので、日中両国の幼稚園の教育方針、やり方、食事、遊びなどの違いはちゃんとわかると思います、娘にとって一生の貴重な経験と財産になると思います。

北京のすべての幼稚園はどんな状況なのかは良く分からないが、娘が通ってるところをちょっと紹介したいです。
日本と同じで3歳児、4歳児、5歳児のクラスがあります。中国語で言うと『小班、中班、大班』です、一学年は大体3クラスで、一クラスは25人くらい、先生は2~3人くらいです。先生は生活管理中心と教育管理中心と遊び管理中心で仕事を分けているみたいです。娘のクラスは国際的な色が強くて、娘は日本人と中国人のハーフ以外にカナダ人と中国人のハーフもいます。
中国は共働きだから、親は仕事が忙しくて、幼稚園は朝7時から夜の6時までに子供をここに預かることができます。もっと忙しい親に対しては幼稚園で寝泊りすることもできます。大部分の子供は朝の8時に幼稚園に入って、夕方5時に家に帰ります。送迎のバスがないので、自転車でや歩きで送迎の親はほとんどですが、車で来る親も少なくありません。子供たちは一日幼稚園で食事を朝、昼、晩3回取ります、午前10ごろと午後昼寝のあとおやつでヨーグルトとフルーツなどもでます。ですから、平日親は朝何もしないで、ただ幼稚園に送って行って、夜仕事のあと迎えに行って寝かせるだけで、食事には何も手間を掛からなくても良いです、本当に楽ですね。もちろん親たちは愛情表現したいし、自分の腕前を子供の前で見せたいならば土日と祭日のときにできます。
話題はまだ幼稚園の食事に戻りますが、一週間のメニューは入り口のところに貼ってある。
覗いてみたら、私も幼稚園に入りたくなるぐらい、実に美味しそうです。栄養バランスも良くて、子供が好きそうなメニューになってるし、本当に感激しました。親にとって子供の栄養に関しては何も心配が要らないです。
もうひとつ感激したことは、一日目の幼稚園のお迎えに先生から丁寧なお手紙をいただきました、その手紙で娘の一日の生活様子を全部書いてあります、先生たちの仕事の大変さはすごく分かります。
毎日娘を迎えに行くとき、彼女はいつも満足で『楽しかった!』『幼稚園のご飯は本当に美味しい!』など言ってくれて、親として安心できます。

大体のことはこれぐらいで、また思い出したものがあったら書きます。
[PR]
by wangai | 2004-09-03 15:55

新学期

日本は4月から一年のスタートとして新しいことが始まるが、それに対して中国は9月1日です。ちなみに今日は9月1日で、満開する桜がないけれども、爽やかな秋空で、みんな新学期を迎えてます。
北京の春は短くて、風が強いです;冬は寒くて、夏は暑いです;一年中の一番良い季節は秋ほかにはないです。北京の秋は空が高くて、爽やかで、旅行としては一番良いシーズンです。
今日は新学期ということで、慌しい一日になりました。まず、今日から娘は北京の幼稚園に入ります、日本と違って特に正式な入園式がないんで、それは中国は共働きだから、会社を休んで入園式に参加するわけじゃいけないからです。朝8時に娘を幼稚園に連れて行って、クラスに置いて、担任の先生とちょっと挨拶したらすぐに帰りました。
それから、留学の手続きをずっと面倒を見てきたの生徒さんも今日から学校ですので、娘を送ってから一緒に大学に行って入学手続きをしに行きました。留学の手伝いをするのはまだ経験が少ないので、いろいろ分からないことがあります。 今回お産で北京に里帰りする際に、ひとりの留学生の生活をずっと見てきて、その不安な気持ちとか、不自由と思ったこととか、困っていることとか少しずつ分かってきて、私にとってとてもいい勉強になります。今日もいろいろ材料不備のため、朝の8時半から午後の4時にかけてやっとこの生徒さんの入学手続きを無事に終わらせました、ちょっと疲れたけど、充実感のある一日でした。
[PR]
by wangai | 2004-09-01 23:47

お久し振りでございます

こんばんは。王です。
北京は随分、涼しくなりました。もうすぐ、子どもも産まれそうです。今週中かもしれません。
子どもが2ヶ月ぐらいになったら帰ろうと思うので、11月ぐらいになると思います。
[PR]
by wangai | 2004-09-01 00:50 | 日常